Loading

当院の訪問診療・往診

訪問診療(在宅医療)

みやびハート&ケアクリニックの訪問在宅診療は、通院できない方・入院よりも自宅で過ごしたい方・がんや心不全の緩和ケアを自宅で望まれる方・脳梗塞や認知症でケアが必要な方を24時間サポート致します。定期的に医師が自宅にお伺いして診療をし、介護するご家族の負担なども医師や専任の医療ソーシャルワーカーが相談にのります。また、ケアマネージャーさんや地域の看護師さんと連携を密にして、安心してご自宅で暮らせる工夫を心がけています。詳しくは当院の医療相談室ソーシャルワーカーまで、お電話またはメール(sw@miyabi-heart.jpソーシャルワーカー直通)にて、お問い合わせください。

対応可能エリア

対応可能エリアは中野区全域・杉並区・新宿区・渋谷区の一部です。
概ねクリニックから5㎞以内と致しておりますが、疾患や重症度、状況によっては個別に検討をいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

  • 対応可能エリア

往診車

訪問診療や往診時の「往診車」を見てみよう!

往診の際には往診専用車にてご自宅までお伺い致します。
専用車の中には最新の携帯可能な医療用具が満載されています。

ご自宅での呼吸困難に対応する人工呼吸器や非侵襲的陽圧換気療法機材、
携帯型酸素ボンベ、各種緊急用薬剤、点滴セット、
採血セット、携帯型血液検査・血液ガス検査キット、
携帯型心電図、携帯型超音波装置(心臓・腹部・血管など検査可能)など。
移動できる診察室がご自宅まで医師を乗せてお伺い致します。

  • 往診車医療用具写真

訪問診療の料金

訪問診療は医療保険で行います。
多くの場合、費用は入院している場合よりも低く抑えられます。

高齢者の場合 *月2回訪問の場合

負担割合 1割 8,000円
負担割合 2割 15,000円
負担割合 3割 22,000円

一般の方 *月2回訪問の場合

負担割合 3割 22,500円

往診

夜間・休日でも緊急往診をいたします。
電話番号 03-5385-3880

急に動けなくなった場合や、ご自身で医療機関に受診できないなど、助けが必要な時にはまずご連絡ください。
対応可能な限り迅速に往診をいたします。
*往診希望の場合は、ご住所や往診してほしい人のお名前をはっきりとお伝えください。
**初診で突然意識がなくなった場合や、呼吸や脈が弱い場合などは状況に応じで救急車を呼んでください。

外来診療終了後は自動応答となりますが、緊急往診依頼に関してはアナウンスの途中でも
ダイアル1を押すと担当者といつでも直接お話ができます。
電話を切らずにお話をしてください。

看取り難民とは

多死時代に向けた準備

看取り難民統計お示しする図表は本邦における看取り難民の数の増加に関する資料です。

本邦は健康志向の高まり、国民皆保険制度の充実、先進医療の進歩などの影響で世界の中でも屈指の長寿国となりました。今後の本邦では、高齢人口の増加に伴い、年間170万人以上が亡くなる多死時代を迎えます。その準備はできているでしょうか。この瞬間も、本邦の医療機関、特に病院の病床数は減少しています。

出典をお示ししておりますが、今から約10年後には約47万人の方が、日本全体で亡くなる場所が見つからない『看取り難民』となる可能性があります。ご自身の終末期をどのように過ごし、最期をどのように迎えるかの話し合いには抵抗感があるかもしれませんが、重要な内容です。

最期を住み慣れた自宅で、ご本人も、介護をされるご家族も安心してお過ごしいただくためには、『かかりつけ医』の存在が不可欠です。当院は医師のみならず、看護師、医療福祉士、臨床宗教師など、みなさまが安心して命のお話ができる専門家の集合体です。どうぞ安心してご相談をしてください。ご本人、ご家族へわかりやすく、私たちの意見を押し付けることは決してありません。大切な決断のサポートをいたします。

出所:2005年までの実績は厚労省「人口動態調査」、2006年以降は国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2006年)」から推定(将来推計の仮定)医療機関:病床数の増加なし、介護施設:現在の2倍を整備、自宅死亡:1.5倍に増加

心不全の終末期について

心不全と診断されたら、まず、当院へご相談ください。

心不全の終末期あまりよく理解されていない『心不全の終末期』ですが、心不全患者数が増加の一途をたどっています。食生活の欧米化、高齢化など原因は様々ですが、間もなく自覚症状を有する心不全患者は100万人を超えると言われています。実に人口の100人に1人が自覚症状を有する心不全患者になる『心不全パンデミック』が到来すると考えられます。

お示ししますように、心不全の終末期は寛解と増悪を繰り返し、がんなどのほかの疾患と比較しても、急激な状態の悪化を多く経験します。これは、事前に十分な準備をすることなく、きりもみ状態で終末期に突入することを意味しており、患者さん自身はもちろん、ご家族や介護をされる方が混乱される大きな原因の一つです。

当院では心不全の啓発活動はもちろん、早期発見・治療・管理を行い、事前に終末期への準備を科学的な根拠に基づいて行います。心不全と診断されたら、まず、当院へご相談ください。

健康寿命とは

長生き時代を生きるための正しい知識

健康寿命前述のごとく本邦は『長生き』国ですが、寿命には2種類があることをご存知ですか?人間の生命としての死を意味するのが『寿命』です。男性の平均寿命は79.55歳、女性は86.3歳とされており、世界のなかでもトップクラスです。

一方で『健康寿命』という言葉をご存知でしょうか。『健康寿命』は誰の手も借りずに生活できる期間(完全に自活できる期間)を示しており、男性は70.42歳、女性は73.62歳とされております。平均値の話ですが、つまり、男性は9.13年、女性はなんと12.68年間、誰かのお世話にならないといけないことになります。

よく私たち医療者は患者さんより『だれにも迷惑をかけずに死を迎えたい』と希望をお聞きします。私自身もそう考えていますが、データーはそれがいかに難しいことかを示しています。この難しい問題から私たちは逃げるのではなく、正しい知識と方法を身に着け、立ち向かわなくてはなりません。

『病』も『老い』も平等に降りかかります。私たちみやびハート&ケアクリニックには安心して『長生き』ができる、正しい知識と経験があります。どうぞ、おひとりで悩まずに、私たちにご相談ください。プロとしていつでも誠実にサポートをさせていただきます。

上へ

電話をかける

03-5385-3880

アクセス

〒164-0011
東京都中野区中央3-35-4 ナビウス新中野1階EAST

TEL03-5385-3880

FAX03-5385-3881

info@miyabi-heart.jp

駅からの道順を写真で見る

  • 地下鉄丸ノ内線新中野駅4番出口より徒歩2分

    都営バス・京王バス 鍋屋横丁バス停より徒歩1分