Loading

外来診療・専門外来

外来診療

風邪や花粉症、インフルエンザといった
日々のトラブルから専門診療まで

みやびハート&ケアクリニック診察室いつでも気軽に受診していただけるのが、みやびハート&ケアクリニックの外来診療の特徴です。

みやびハート&ケアクリニックの外来診療は
患者さんの話をとにかく聞くことを大切にしています。


勇気を振り絞って、時間をやりくりして病院やクリニックに受診したのに、待合室で緊張して長い時間待ったあげくに、診察室では十分に自分自身が困っていることを医師に伝えられなかったことはありませんか?誰しも、非日常の『受診』という慣れない状況では仕方のないことですが、当院では、温かい雰囲気のインテリアと、医師だけではなく、看護師や事務スタッフといった多職種が協働しながら『患者さんを癒し治す』ことを心がけています。当院の外来には院長自身が、大学病院や先進的な病院の診療品質はそのままに、患者さんが癒されるにはどうすべきかを、真剣に考え体現したコンセプトが詰まっています。どうぞ、安心して受診してください。

対象疾患
みやびハート&ケアクリニック待合室・風邪や花粉症、インフルエンザといった日々のトラブル
・動悸や息切れ、心不全や不整脈、狭心症といった心臓の異常
・健康診断での心電図の異常や心臓の音の異常
・高血圧や高脂血症(コレステロール値の異常)や糖尿病
・イビキや昼間の眠気の原因 睡眠時無呼吸症候群の診断と治療

特に年齢のせいとあきらめている『息切れ』と『ドキドキ』には心臓の病気が隠れていることが多いです。是非、心臓の専門医みやびハート&ケアクリニックに迷わずご相談ください。

専門外来
*2019年秋頃開設予定

私たちは循環器(心臓病)治療の専門知識を駆使し
前向きなサポートをお約束いたします。

日本人の2人に1人がかかるといわれている『がん』にもみやびハート&ケアクリニックは力を入れています。

がん治療を安心して行うためには、信頼できる循環器医師が必要です。がんの治療の高度先進化により、抗がん剤、特に分子標的薬といった化学療法や放射線療法の治療中や、治療後に、心臓の機能が悪化したり、血圧が高くなったりすることが報告されています。現在、様々ながんの種類別に『がん治療医』の先生方が、がん克服のために努力をされていますが、治療経過中に心臓の機能や、高血圧などに見舞われると、上手くいっていたがん治療の中断を余儀なくされることがあります。

このような『がん』と『循環器病(心臓病)』を専門的に治療するのが『腫瘍循環器』という新しい概念です。当院ではいちはやく『腫瘍循環器外来』を取り入れます。みなさんが安心してがん治療を継続できるように、私たちは循環器(心臓病)治療の専門知識を駆使し前向きなサポートをお約束いたします。どうぞ、なんでもお気軽にご相談ください。

がん治療の中断を余儀なくされた患者さんの例(「がんと心臓病の密接な関係」まんがでご紹介しています)

上へ

電話をかける

03-5385-3880

アクセス

〒164-0011
東京都中野区中央3-35-4 ナビウス新中野1階EAST

TEL03-5385-3880

FAX03-5385-3881

info@miyabi-heart.jp

駅からの道順を写真で見る

  • 地下鉄丸ノ内線新中野駅4番出口より徒歩2分

    都営バス・京王バス 鍋屋横丁バス停より徒歩1分