みやびハート&ケアクリニック

みやびハート&ケアクリニック

訪問在宅診療の診療時間:24時間365日対応

みやびハート&ケアクリニック 2019年2月12日 開院のお知らせ

院長 渡邉雅貴よりご挨拶

2019年2月に、生まれ育ちました中野区で念願のクリニックを開業いたしました。

みやびハート&ケアクリニック名前の由来

『みやびハート&ケアクリニック』の名前の由来ですが、私の名前『雅貴』に由来し、知的に洗練され、情趣のあるクリニックとなるように願いを込め命名いたしました。

外来診療の特徴

当院では、心臓病やがんの緩和ケアを中心とした外来診療と、訪問在宅診療を行います。

睡眠時無呼吸症候群の診断治療や高血圧など、循環器全般はもちろん、糖尿病・高脂血症といった生活習慣病の診断や治療も行い、地域のかかりつけクリニックとしても、皆様にお役立ていただきたいと思っております。

もう一つの特徴は、日本人の半分がかかると言われている『がん』治療における心臓病治療を行うことです。がんの治療の際に用いた抗がん剤が心臓を傷め、がんの治療継続が困難になる場合や、がん治療後に心臓の機能が落ちることが報告されており、『腫瘍循環器病学』という新しい学問分野として研究され始めています。

当院はがんの治療中や治療後の心臓病治療にも力をいれており、がん治療を心臓の側面からサポートいたします。わからない事、ご不安な事がありましたら、お気軽に外来でご相談ください。

訪問診療の特徴

ご自宅で療養を続けたい患者様のために、訪問診療を行います。訪問診療では、心臓病やがんによる緩和ケアの診療の他に、慢性疾患、筋力低下などにも対応いたします。24時間ご自宅での暮らしをサポートいたします。院長は訪問診療の経験もありますので、なんでもご相談ください。

当院の取り組み

当院は、患者様がリラックスして診察をしていただける工夫を凝らしています。勇気を出して病院に行ったけれど、医師に思うように聞きたいことが聞けなかった、という記憶はありませんか。当院は、つねに患者様の声に耳を傾け、患者様に安心し、効率よく診療を受けていただくため、『ワンストップ』という合言葉を大切に、診療を行います。

院長紹介 渡邉 雅貴 Masataka Watanabe

昭和49年東京都中野区に、江戸っ子の父親と、明るく社交的な母親の間に5人兄弟の末っ子として生まれ、義理人情に厚く、高いコミュニケーション能力を受け継ぎました。競技スキーで鍛えた体力と、音楽を愛する感性を携え、大学卒業後は、大阪府にある循環器唯一のナショナルセンターである国立循環器病研究センター病院で、心不全の診療と研究を行いました。その後、研鑽の場所をオーストラリア連邦メルボルンに移し、モナッシュ大学心臓血管センターにて、心不全の治療研究を引き続き行いました。帰国後は東京医科大学循環器内科で心不全の診療を行い、地域医療の重要性を認識いたしました。

そして、これらの経験を糧に、『人を癒し、病を治す』ことを座右の銘として、愛する中野の地で、皆様のお役に立てる医療を一生懸命かつ誠実に提供して参りたいと思い、クリニックを開設いたしました。どうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。

院長略歴
東京医科大学医学部医学科卒業
立川綜合病院循環器センター循環器内科 (新潟県長岡市)
国立循環器病研究センター病院心不全科 (大阪府吹田市)
モナッシュ大学心臓血管病センター(オーストラリア連邦ビクトリア州メルボルン)
東京医科大学循環器内科学講座講師 
同先進的心不全治療医学講座部門長
みやびハート&ケアクリニック開設 院長就任

専門医資格
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心臓病学会認定臨床上級医(FJCC) 医学博士

アクセス

164-0011 東京都中野区中央3-35-4 ナビウス新中野1階EAST

地下鉄丸ノ内線新中野駅徒歩1分
東高円寺・高円寺・野方・中板橋・王子駅からバスのアクセスもあります。

みやびハート&ケアクリニック アクセス

新中野駅からの道順

駅のどの出口から出ても「鍋屋横丁」交差点を目指してください。
(各出口から50m〜150mです)

「鍋屋横丁」交差点は、「おかしのまちおか」「welcia(ドラッグストア)」「三菱UFJ銀行」のある交差点です。

「おかしのまちおか」と「welcia(ドラッグストア)」の間の道を入り、とんかつ「さぼてん」を過ぎてすぐの道を右折します。(パン「HATADA」さんの手前) ☆この道を入るとすぐ左側が当院です。

お電話

03-5385-3880

2019.2.10~11 内覧会を行いました
ご近隣の方をはじめたくさんの方にご来院いただき感謝申し上げます

みやびハート&ケアクリニック 院内